備前阿古陀徳利
■作家 : 安倍安人
■プロフィール: 国際陶磁学会会員 宮本三郎に師事し洋画を学び、1972年より作陶活動を始める。京都国立近代美術館/アメリカ・メトロポリタン美術館・ミント美術館/スイス・アリアナ美術館/台湾・故宮博物院等に作品収蔵。岡南ギャラリーにて個展開催他,アメリカ・フランス・国内有名ギャラリー・百貨店等にて個展多数 大阪府出身 昭和13年生まれ
■サイズ: H14.3cm
■価格: 280,000円・税込み
■備考: 共箱・二重箱
古備前に迫る佇まいを持つ作品を,独自の焼成理論を用いて生み出す陶芸家・安倍安人の徳利です。阿古陀瓜に形が似ていることから,阿古陀形と呼ばれる胴にへこみが入った徳利で,凛とした力強い造形に,複数回焼成することで生まれる見事な焼けの肌が調和した,作家らしい一点です。