杜鵑
■作家 : 川合玉堂 Gyokudo Kawai
■プロフィール: 文化勲章受章 帝国芸術院会員 帝室技芸員 東京美術学校教授 文展審査員 東京都名誉都民 日本絵画協会展評議員 東京勧業博覧会一等賞 師・幸野楳嶺・橋本雅邦 愛知県出身 昭和32年逝去
■サイズ: H136cm x W50.3cm(画寸) H230cm x W65.3cm(軸寸)
■価格: 仕立て直し中・暫くお待ち下さい
■備考: 彩色・絹本 共箱 川合玉堂鑑定会登録済み 
正統派の技法で格調高く日本の風景を描き続け,そこに人々の暮らしやユーモアを交えて表現し、文化勲章を授与された川合玉堂の作品です。 玉堂が五十歳代頃の作で、絹本に墨と日本画絵具を用いて、遠くに霞む高山とそこに続く峠道が描かれており、しっとりとした空気を纏った世界観は玉堂ならではの一点です。 画題は杜鵑となっていて、姿は見えませんが、森の中でホトトギスが鳴いている情景が良く伝わって来ます。