草花文花器 刷毛目
■作家 : 加藤重高 Shigetaka Kato
■プロフィール: 日本陶磁協会賞 日本現代展現代工芸賞 日展特選北斗賞・無監査 朝日陶芸知事賞 名古屋芸術特賞 個展多数他 師・加藤唐九郎 愛知県出身 平成25年逝去 享年85歳
■サイズ: H22,7xW14.2cm
■価格: 66,000円・税込み
■備考: 共箱
加藤唐九郎の三男で,父の陶芸を支えながら研鑽を積んだ陶芸家・加藤重高の花入です。 楕円形の造形に,草花文を線彫りで施し,刷毛目で白の釉薬を施しその上から,鼠の釉薬を施釉した,作家壮年期の力強い一点です。