備前彩色酒呑-2
■作家 : 安倍安人 Anjin Abe
■プロフィール: 国際陶磁学会会員 宮本三郎に師事し洋画を学び、1972年より作陶活動を始める。京都国立近代美術館/アメリカ・メトロポリタン美術館・ミント美術館/スイス・アリアナ美術館/台湾・故宮博物院等に作品収蔵。 岡南ギャラリーにて個展開催他,アメリカ・フランス・国内有名ギャラリー・百貨店等にて個展多数 大阪府出身 昭和13年生まれ
■サイズ: H5.9cm x W6.1cm
■価格: 220,000円・税込み
■備考: 共箱 二重箱
独自の理論による焼成法と卓越した造形センスに加え,洋画家としての色彩や構図の感覚を取り入れた作品で,国際的にも高い評価を受ける陶芸家・安倍安人の新作です。 金・赤・紺・白の大胆な配色で,正面に富士山と反対面に日輪を絵付けした人気の高い彩色備前の酒呑で,手にしっくりと馴染む薄手の造形に,見事な胡麻窯変と,鮮やかな色彩が巧みに調和している一点です。