備前酒呑-7
■作家 : 金重潤平 Junpai Kaneshige
■プロフィール: 日本伝統工芸展中国支部展入選 田部美術館茶の湯の造形展入選 台湾三都市巡回展 全国百貨店・ギャラリー個展他多数 校・米ロングアイランド大学大学院修士 早稲田大学卒 師・金重晃介 岡山県出身 昭和47年生まれ
■サイズ: H5.5cm x W5.2cm
■価格: 25,300円・税込み
■備考: 共箱
備前の精鋭作家・金重潤平の酒呑です。大叔父にあたる金重素山が考案した,電気窯による緋襷焼成の技法で作られたぐい呑みで,白土に緋襷が緋色が良く映えた一点です。